予選ラウンドが終了し、予選落ちした今季シード保持者の4人が、來季シード(賞金ランク50位以內、成績をポイント化したメルセデスランク50位以內)の可能性を失った。

當該の4人は賞金ランク62位ペ?ヒギョン、同65位葭葉ルミ、同69位永井花奈、同74位脇元華。また「今大會優勝」でもシード圏內に屆かず、すでに喪失が確定していた同98位成田美壽々も予選落ちした。

賞金ランク61位吉本ひかる、同64位新垣比菜、同75位福田真未は予選通過したことで、シード保持の可能性を殘した。ただし、50位通過の吉本は「単獨5位以上」8位通過の新垣は「単獨6位以上」14位通過の福田は「優勝」が、シード保持の可能性を殘す最低條件で、厳しい狀況だ。

また賞金ランク50位淺井咲希、メルセデスランク50位河本結は「シード圏內」にいるものの、予選落ち。ランク下位選手に逆転を許す可能性があり、殘り2日の結果を待つ身となった。

なお、賞金ランク51~55位までの選手は、來季ツアー前半戦の出場権が與えられる。“前半戦シード選手”の立場になる。