乃木坂46、4期生の林瑠奈です。





いよいよやってきてしまったというか、


自分の置かれた狀況や


目の前に広がるであろう景色、


その全てに緊張を感じています。



11月20日、21日でついに


「真夏の全國ツアー」のファイナルを迎えます。



場所は東京ドームです。




東京ドーム。




46755㎡の広さを持つこの大きな場所に、


ステージに上がる者として足を踏み入れるのは


初めてのことです。




「東京ドーム○個分の広さ!」のように、


よく東京ドームは大きさを表現する際に


使われることが多いですね。




正直、東京ドーム○個分と言われてすぐに




「じゃあこれぐらいの広さかな」




なんて想像出來る人は、東京ドームを設計した人


ぐらいなんじゃないかと思います。




それぐらい曖昧なものなのにも関わらず、


東京ドームが広さの象徴として色々なことの表現に


用いられるのは、東京ドームの格の高さを


物語っているように思えます。




私自身、正確な面積を


パッと思い浮かべられたわけではありません。




しかし


「よくわからないけどとにかく大きい」


というイメージだけは


日本全國共通だと思います。




そんな頂點とも言える東京ドームに


立たせていただけることは


本當に有難いことです。




乃木坂46としては4年ぶり2度目の


東京ドームとなります。




それまで先輩方が積み重ねてきたもの、


そして2017年の伝説の東京ドームの後から


先輩方が積み重ねてきたもの。




本當に多くの力があり、


今の狀況が成り立っていることへの


感謝を伝えられるように


ステージに立ちたいと思っています。




現地へ足を運んでくださる方は勿論、


配信でご覧になってくださる方にも


沢山笑顔になっていただけたら嬉しいです。




新たに大きな歴史として刻まれる瞬間に


自分がいられること、


とても感謝しています。




まだまだ間に合いますので


是非ご覧になってください。


(ニッカンスポーツ?コム「乃木坂46林瑠奈 負けるな!しょげるな!乗り遅れるな!」)