今季取得した國內FA権の行使について熟考中の広島九里亜蓮投手が、マツダスタジアムで球団と交渉に臨み、結論を持ち越した。交渉は大詰め段階とみられ、右腕は「しっかり話していただいた。しっかり考えて、近いうちに答えは出したい」と話すにとどめた。

佐々岡監督は「當然殘ってほしい。(大瀬良)大地と一緒に(殘留)という思いはあります」と願った。